東京の看護師の求人が増えている要因には看護師基準があるのです

東京を含め毎年看護師の数は3万人ずつ増えていると言われているのです。
それでも看護師の求人は減るばかりかどんどん増えている状態にあって、その大きな理由となっているのが2007年から看護の質をあげるために7:1に看護基準が出来たことがあるのです。
もともと看護師の数は多かった訳ではないのに、さらにこの基準が出来たせいで、東京をはじめ看護師の求人は全国的にどんどん増えているのです。
さらに看護師は全国で毎年3万人も誕生していますが、その分看護師をやめたり休職する人も多くて、その大きな理由は看護師の9割以上が女性ということで、女性は結婚や出産を境に仕事を辞めるからなのです。
看護師ほど転職の多い仕事はないと言われていて、看護師は一度仕事を辞めても簡単に再就職出来ることも看護師の求人が多い理由になっているのです。