東京の看護師の求人はどんどん増えているのです

東京を含めて毎年3万人もの看護師が誕生していますが、看護師の求人が減らないのには様々な理由があるのです。
看護師の数は毎年増えていても、その分看護師を辞める人も多いのが現状で、看護師は昔から女の人が多い職場であり、今で男性看護師の数も増えてきているのですが、男性看護師の数は全体の5パーセントにすぎないのです。
東京をはじめ全国で看護師の求人が多いのは女性看護師が結婚や出産で看護師を辞めることが大きな原因になっていて、後から職場復帰する人はその中の全部ではないので、看護師の数は毎年どんどん減っていくのです。
さらに高齢化社会が進んでいる中で看護師の需要は高まるばかりで、この先も東京をはじめ全国で看護師の求人は絶対に減ることは難しと言われているのです。